◆ お財布の中にウェルカムゴールドを?

今回はちょっと最近見かけたドロドロ話を書きかけていたのですが、新年早々暗い話もなあ…と、思い直してこちらに切り替えました。

今回の話はお財布の中に入れるゲン担ぎというか、金運グッズについてです。前に長財布の話をした時にもちらっと触れましたが、お金持ちのお財布を見ると、(おじさん世代が多いせいもあってか)黄色・金色とか奇抜なのは見かけません。お金持ち自身も「黄色の財布で金運アップ」みたいな話は知っている人が多いですが、さすがにそれを実行するのは「恥ずかしい」と、そこは庶民と同じ感覚を持っている。

代わりにお財布の中に、縁起担ぎの何かを入れている、なんて話はたまに出ます。それも「ヘビの抜け殻」とか「フクロウ(不苦労)や七福神」とか「お守り」とか昔から日本で言われているようなものばかりで、決してモテモテになるような怪しい通販グッズではありません…。

年明けの先日、とあるお金持ちの奥さんと話をした時にもそんな話が出ました。初詣でお守りを買った話題になったからでした。

「○○神社に初詣に行って、金運のお守りをいただいてきました」
これで今年はお金持ちです!とお金持ちの奥さんに私は言いました。

「金運ならね、お財布の中にゴールドを入れておくとお金を引き寄せてくれるわよ」
すると奥さんはこう教えてくれました。

金(キン)だからお金(カネ)につながるってことですかね。私もちゃんと金色のものを入れてますよ!」

言いながらお財布を広げます。そして出てきたのは下の写真の通り。ちょっと斜めに写ってますが、ざっと説明すると…。


・赤坂豊川稲荷の融通金
これをお財布に入れておくとお金に困らなくなるそう。一年経ったらお礼を言って古いものは返して新しいものをまたいただいて来ます。

・金色の小判
お土産屋さんで買った金メッキの小判。これこそ「金色のものを持つとお金を引き寄せる」というので入れてます、その1。

・金色の大黒様
これはお守りについていた金メッキの大黒様です。福袋と打ち出の小槌を持って米俵に乗ってます。こちらは大黒様のパワー+「金色のものを持つとお金を引き寄せる」その2。

・新旧の八角形のシンガポール1ドル
これはシンガポールの話で書いた時の、お金持ちからのお土産です。八角形の風水パワーが入ってくるように。あとこれらも金色なので「金色のものを持つとお金を引き寄せる」その3の効果も狙ってます。

・不思議のメダイ
こちらは金運というわけではないですが、パウチされているのでお財布などに入れる用のマリア様のメダイです。前に病気した時に早くよくなるようにとカトリックの人からもらいました。

この他にも、この間までは神田明神の「勝守」を投資で勝てるようにと入れてましたが、初詣の時に神社にお返ししてきました。少し前は「蛇の抜け殻」「三鈷の松」と呼ばれる三本ついた松の葉も包んで小銭入れ部分に入れてましたが、これらはボロボロになってしまったので、今は出してます。

……欲張りすぎる。今まで気にしていませんでしたが、広げてみて日本人ならではの節操のなさに自分でも気が付いてちょっと唖然としました。

私のこれらのグッズを見て、奥さんは笑いながら遠回しに駄目出ししてくれました。

「金色はいいけどね、メッキじゃなくて本物のゴールド、できれば純金がいいのよ。ニセモノをたくさん持つよりも、本物の方がパワーがあるから」
「本物ですか…」
ニセモノではだめなのか…。とちょっとがっかりしたところで、更に付け足してくれました。

「特に女性は丸い純金の硬貨なんかがいいみたい。丸いものがお金持ちとの縁も呼んでくれるわよ」

なに?という感じです。男性は純金のミニバーとかでもいいみたいですが、女の人は丸い形にすることで金運+異性運、もっとわかりやすく言うとお金持ちとの縁!玉の輿運!を呼んでくれるとか言ってます。

「奥さんもお財布に入れてるんですか?」
「今は娘にあげたけど、昔、働いてた頃はコイン型の純金をずっと入れてたわよ。おかげで主人と結婚できたわ」

なんて言ってのけてくれましたよ!この奥さんの話を聞くと、何となくニュアンス的には、恋愛運なのか?という気もしました。

どちらかというとお金持ちとの縁より自分自身が!お金持ちに!と考えてしまう色気より食い気な私なので、ちょっとテンションが落ちましたが、そこを見抜いた奥さんに「お金との縁には本物よ」と再度念押しされました。

金色のもの、ということでなら昔からよく聞くゲン担ぎですし、上で書いたように私も実践しています。けどこの奥さんが言うには、本物の方がパワーがある、更に女性は丸いものにするとお金持ちとの縁もゲットできる、そう。まあ女性に限らず、逆玉の輿に乗りたい男性にも行けそうな。

でもこれ、よく考えると、丸いものは円(エン)だから縁(エン)を呼ぶって、金(キン)がお金(カネ)を呼ぶのと同じ語呂合わせのダジャレなんじゃ…。

上に書いた「フクロウ(不苦労)」とか、お正月のお節料理も「喜ぶで昆布」とか「マメに働けますようにで黒豆」だとかダジャレ尽くしですし、縁起物なんて意外とこんなこじつけばかりかもしれませんが、、、とりあえず信じる者は救われる?

ちなみにこの奥さんは、お金とお金持ちの彼氏を(?)引き寄せる金のことをウェルカムゴールドとか言っていたので、あとで何だろう?と検索して見ましたが、お財布の中に入れる金に限らず、金のものを身につけることでお金を呼ぶ、みたいな話が出てきました。金(キン)がお金(カネ)を呼ぶを横文字でカッコよく言い換えた言葉でしょうか?

なるほどと思ったので、私も金メッキの小判から、純金の丸い金貨にバージョンアップしようかな。その前に、大黒様にお稲荷様にマリア様に風水なんて、お財布の中のカオス状態を何とかする方が先でしょうか。。。取り急ぎマリア様は単独で保管します…。

[外部リンク] ゴールドの持つ色の意味は…?
BetterColors@富とゴールド